ホタルを生かしたまちづくり
泉町自治会長 堀井隆彦

 我が泉町は、JR守山駅より琵琶湖側へ徒歩十数分のところ、21世紀に向け、まちの活性と福祉のまちづくりを展開。市街地の中心商店街・銀座通りを有し、守山一丁目から三丁目にわたり、三津川が町の中を縦断しております。

 三津川は東門院の西側で1本の河川が分水石(昔の水争いの遺跡)で3本の川に分けられ、下流400メートルの間、並行して流れる珍しい河川で三津川と呼ばれています。

 平成2〜平成4年にかけ、この三津川が河川改良工事により、三本川のまま広大な河川公園として整備されました。
整備後、泉町自治会が主体的に管理を実施しています。

管理内容

  1. 河川の清掃
  2. 樹木の手入れ
  3. 果実の収穫と加工 (約10種類)
  4. 憩いの場所としての環境整備
  5. 河川公園を中心とした行事 (紫陽花祭り・蛍祭り) など

 四季を通して潤う河川で人々のふれあいを深め、川を愛し、生き物を愛し、人をも愛する豊かな心を!!と心に念って、
1に清掃、2に笑顔、3、4元気におかげさま
を合言葉に、明日も元気に励む泉町自治会をめざしております。

トピックス
  • 三津川河川公園を流れる南川と中川に平成17年度より5〜6株の梅花藻が自生しました。現在では20株に増殖し、可愛らしい花をつけています。今後とも河川環境に心してより多くのホタルと梅花藻の育成に努めたいと思っております。
  • 三津川河川公園の現状について話し合い
      平成18年6月29日(pm1:30〜2:30) 自治会員13名

      ・ 梅花藻の繁殖状況を説明、今後の手入れの方法を検討。
      ・ 平成18年度三津川のホタルの飛翔状況を報告。
      ・ 小魚の増加が大きい、ヨシノボリの親子連れも確認。
      ・ 小鳥の飛来数と種類が増加、カワセミの飛来を確認。
      ・ 果実の樹々について話し合いました。 当日ビワの実を試食しましたが、とたも美味でした。
    このような打ち合わせお結果、7月23日の川辺いきものの森と醒ヶ井梅花藻研修見学を決定しました。

  • 川辺いきものの森と醒ヶ井梅花藻研修見学 
      平成18年7月23日 参加者21名    守山市のバスを利用